読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします


THETAがセルフタイマー撮影に対応!(裏技アリ)

RICOH THETAが初代の頃からユーザーの要望が多かった「セルフタイマー撮影」に対応しました。
しかし残念ながら対応したのは「THETA S」のみです。
f:id:d_wackys:20160324130032j:plain

まずはざっと動画をご覧ください(3分19秒)

手順

1.本体ファームウェア更新

まずはTHETA Sをパソコンに接続してファームウェアを更新します。(バージョン 01.42)
*ファームウェア更新手順はこちら
f:id:d_wackys:20160324132929p:plain

2.スマートフォンアプリの更新

次にスマホアプリも最新バージョンにアップデートします。

RICOH THETA S

RICOH THETA S

  • Ricoh Co., Ltd.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

Android:Get it on Google Play

3.本体の起動

Wifiボタンを押しながら電源をONすると、シャッターボタンの上にあるランプが緑点灯します。
これでセルフタイマーモードになっています。
f:id:d_wackys:20160324130032j:plain

4.撮影

シャッターボタンを押下するとランプの点滅が始まり、デフォルトでは5秒後に撮影されます。

スマホからシャッターを切ると、画面にはカウントダウンが表示されます。
f:id:d_wackys:20160324133151p:plain:w240

5.設定

セルフタイマーの時間はスマホアプリで変更可能です。
THETAの電源を通常通り入れても、アプリからモード変更することもできます。
f:id:d_wackys:20160324133036p:plain:w240

セルフタイマーでこんな効果も!

セルフタイマー撮影に対応したってことは、シャッターボタンを押してからこんな風に持ち替えると…。
f:id:d_wackys:20160324133834j:plain
大きく写り込んでいた手がだいぶ小さくなりますね!

シャッターボタン セルフタイマー
f:id:d_wackys:20160324133606p:plain:w240 f:id:d_wackys:20160324133624p:plain:w240

セルフタイマー撮影ができるようになったのは静止画のみですが、まぁ動画の場合は編集でカットしてしまえば問題無いですもんね。
是非お試しください♪(^^)