360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします


360度カメラ新製品「Insta360 ONE」登場!

8/28 23:00にInsta360の新製品「Insta360 ONE」が発表されました。
f:id:d_wackys:20170913141833j:plain
www.insta360.com

主な特長

従来品Insta360 Nanoと同様にスマホ(iPhone/iPad)に接続してのライブビュー撮影のほか、カメラ単体での手持ち撮影も可能。
さらにスマホとBluetooth接続することで、リモコン、タイムラプス撮影、タイマー撮影なども実現。
使い勝手が向上しました。

ハードウェア

  • Lightning端子搭載(Android版は近日公開予定)
  • 静止画24Mピクセル(6912×3456)
  • 動画 3840×1920 @30fps、2560×1280 @60fps
  • バレットタイム撮影 スローモーション動画(2048×512 @120fps)
  • 360度4Kライブ配信(Facebook Live、YouTube Live、Periscope等)
  • 6軸スタビライザー(手ブレ補正)

ソフトウェア

  • Free Capture
  • Smart Tracking(被写体自動追尾)
  • Invisible Selfie Stick

コンシューマー向けの360度カメラではありますが、静止画はRAW記録、動画はLOG記録に対応しています。解像度も従来機よりアップしているので、ちょっとした仕事ならこれで事足りてしまうかもしれません。

さらに驚いたのがスタビライズ性能です。
これなら歩きながらでもブレずに撮影できるかもしれません。

そして先に公開されて気になっていた方も多かったバレットタイム撮影。

手順

  • Slow-mo(スローモーション)をアクティブにする
  • 本体を紐や自撮り棒に取り付ける
  • 電源ボタンを3回押してスローモーション撮影
  • アプリで編集(1/2倍速、1/4倍速、1/8倍速)

120fpsで撮影した素材は、アプリで補間して240fps(1/8倍速)まで対応可能。
スタビライザーが効いているので水平も安定して撮影ができるのですね。

さらにIP68相当(30m防水)の防水ケースもオプションとして発売予定とのこと。

気になる価格は42,999円!
NanoやAirからすると高価に感じますが、機能アップから考えると悪くないですよね。
Amazonでも既に予約がはじまっております。

僕は既に購入予約権付きのイベントチケットを申し込みました!
9/1に会場でお会いしましょう♪(^^)
insta360.peatix.com

関連商品


関連記事

360.hatenablog.jp