360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします


360度カメラ正統進化「THETA V」実践レビュー - 静止画編

待ちに待ったRICOH THETA最上位機種「RICOH THETA V」がついに発売となりました!
一足早くお借り出来ましたのでその性能をじっくり見ていきましょう。
執筆時点で動画の空間音声記録の変換に対応していないので、今回はひとまず静止画からご紹介します。
https://www.instagram.com/p/BYqQSp_Hw-K/

もうパッと見の印象で画質が向上したのを体感できます。
画像解像度はTHETA S/SCと同じ5376x2688ピクセルなのですが、画像処理が従来のコンデジベースから一眼ベースとなり明らかに高画質です。
ダイナミックレンジが広くなったので、明暗差のある場所でもきれいな描写です。

THETA Vにて、ロケ後の甘いもん♪ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

手持ちでパッと撮ってもキレイですね〜♪
パッと撮ってもキレイだなぁ。もうTHETA Sの画質には戻れない。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

明らかに画質が向上してますよね!
人工物だとシャープネスの違いがわかりやすいかな? #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



次に暗部に強くなったってことで、その実力を見せてもらいましょう。
ISO64まで下げられるようになったので、マニュアルでスローシャッター撮影してみました。
滝の横の岩肌を見ると質感がよく表現されていてノイズも少ないです。
THETA Vにて黒山三滝(女滝) #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



ここでTHETA Sとの画質の違いを見てみます。
2台同時にセルフタイマーでフルオート撮影しました。
パッと見でも違いが分かると思います。
f:id:d_wackys:20170908161205j:plain
拡大してみるとより自然な発色でシャープネスが向上しているのが分かります。
繰り返しますが、画像解像度は全く同じです。
f:id:d_wackys:20170908161138j:plain


本体サイズはTHETA SCと同じで、THETA Sと比べると少し幅が広くなってます。
それでも厚さは薄いままなので、他社製品と比べると近接撮影は得意です。
でもちょっとスティッチ精度が落ちた様な気がします…アルゴリズムが変わったのでしょうか?
(RICOHへ報告済み。確認中)
やっぱりTHETAはスティッチが優秀だよね #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



マニュアル撮影して明るさを調整してみました。
Wi-Fi接続での画像転送がめちゃめちゃ速くなったので、撮影画像を確認しながら設定を調整して思い通りの画作りができます。

フルオート ちょっと暗すぎた…
f:id:d_wackys:20170909180250j:plain f:id:d_wackys:20170909180313j:plain
HDR 良い感じ♪
f:id:d_wackys:20170909180352j:plain f:id:d_wackys:20170909180429j:plain



思いっきり暗い場所でマニュアル撮影。
なかなか雰囲気が出ております。暗部ノイズもかなり低減されてますね。
佐渡金山 宗太夫坑 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



さらにスマホアプリ「THETA+」もバージョンアップして、静止画からのアニメーション制作が可能になりました。
THETA+

THETA+

  • Ricoh Co., Ltd.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

THETA+が静止画からのアニメーション作成に対応 #theta360

いかがでしょう?
静止画を見ただけでも買い替えたくなってしまうような画質の向上ですよね。
でもこれはほんの序の口。
動画性能はまるっきり別次元に進化しています!
空間音声の変換が準備でき次第作例とともにまとめますが、ひとまず画質比較を置いておきますね。
f:id:d_wackys:20170912174126j:plain:w480


関連記事

Engadget日本版で動画レビューしてますのでご参照ください。
japanese.engadget.com