360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします


THETA Vファームウェア新旧比較。画質向上と手ブレ補正強化!

前回の記事でファームウェアVer.1.20.1の機能についてご紹介しました。
360.hatenablog.jp
今回はこれを実際にファームアップ前後のTHETA Vで比較してみました。

まずはざっと動画でご紹介。

静止画に関する項目

動画内で比較したフレームをもっと拡大してみます。

Ver. 1.11.1 Ver. 1.20.1
f:id:d_wackys:20171222204252j:plain f:id:d_wackys:20171222204314j:plain

こうやって比較してみると一目瞭然ですね!
スティッチ精度が上がって繋ぎ目がシャープになり、パープルフリンジも明らかに低減されています。
引いてみた時の印象もだいぶスッキリしましたね。
f:id:d_wackys:20171222203510j:plain

動画に関する項目

今回の目玉はこっちかもしれません。
明らかに手ブレが補正されてますよね!
まだまだInsta360 ONEの驚異的な手ブレ補正には及びませんが、これなら実用の範囲内でしょう。
と言うよりも、よっぽどのことがない限りInsta360 ONEの出番が減りそうな気もします。

THETA V の手ブレ補正比較 #theta360

Digital Wackysさん(@d_wackys)がシェアした投稿 -

その他にも3Dマイクのバグも解消しているとのことなので、早目のアップデートをお勧めします。
先日THETA Vの拡張ロードマップも公開されましたし、今後の進化がますます楽しみです。
360.hatenablog.jp