360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします


RICOH THETA Stitcher v2.00.0

Adobe Lightroom Classic用のプラグイン「RICOH THETA Stitcher」がv2.00.0にアップデートされました。(Win/Mac)

■RICOH THETA Stitcher for Windows(R)/RICOH THETA Stitcher for Mac

  • 複数枚の画像を一括処理できるようになりました。
  • カメラ写り込み軽減ON/OFFの切り替えが可能になりました。

 [カメラ写り込み軽減:ON] カメラの写り込みを軽減します。
 [カメラ写り込み軽減:OFF]カメラ底面方向のスティッチの精度が向上します。

  • ウィンドウサイズを手動で変更できるようになりました。
  • バグ修正

f:id:d_wackys:20200423143407p:plain

複数枚の一括処理

Lightroomで複数枚まとめて選択して書き出すと、スティッチの一括処理が出来るようになりました。
書き出し部分が下画像のようになります。
f:id:d_wackys:20200423141930p:plain:w480
一枚ずつパラメーターを調整して書き出すか、自動設定のまま一括して書き出すかって事ですね。
f:id:d_wackys:20200423142528p:plain:w480
ただし、調整してキューに追加ってことはできないんですね…
それとインターバル撮影のデータなどで、全ての画像に同じ調整を加えると言うこともできません。
この辺は次のバージョンに期待しましょう。

カメラ写り込み軽減ON/OFF

THETA本体の写り込みを少なくするオプションです。
f:id:d_wackys:20200423143605p:plain

ON OFF
f:id:d_wackys:20191209141858j:plain f:id:d_wackys:20200423140943j:plain

この作例のように自然な地面などの場合は有効ですが、タイル地などだと不自然な歪みが発生してしまいますので注意が必要です。

ウィンドウサイズの変更

従来はウィンドウサイズが固定だったので微調整がしづらかったのですが…
f:id:d_wackys:20200423143030p:plain:w180
大きく広げることが出来るようになって、詳細を確認しながら調整できるようになりました。
これは困っていたのでとても嬉しいです。
f:id:d_wackys:20200423143344p:plain
パソコンでの作業効率がアップしますね!
是非お試しください。