360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします

最速動画レポート!ジンバル要らずでVlogにも使える「Insta360 ONE X2」登場

Insta360シリーズのティーザー気になりましたよね…

色々な憶測が飛び交っていましたが、ついにその新商品が発表されました。
「Insta360 ONE X2」

一足お先に説明会に参加してきましたので、実機レポートを速報でお届けいたします。
f:id:d_wackys:20201028223903j:plain

目次

動画レポート

基本性能

名前からも分かる通り、Insta360 ONE Xの後継機種となります。
大きさはほとんど同じですが、パッと見で大きく変わったのが円形のタッチスクリーンが搭載されたこと。(左:ONE X、右:ONE X2)

正面比較 側面比較
f:id:d_wackys:20201016144824j:plain f:id:d_wackys:20201016144807j:plain

これにより画面で確認しながら撮影できるだけでなく、Insta360 ONE Rの様な操作感で設定などの変更が可能になります。
f:id:d_wackys:20201028223422j:plain
バッテリー容量は1630mAhで、連続撮影時間は5.7K@30fpsで80分。
マイクが前後左右4つ搭載され、360度の空間音声記録にも対応しました。

f:id:d_wackys:20201028175802j:plain f:id:d_wackys:20201028175846j:plain

さらにIPX8の防水性能で、潜水ケースなしで水深10mまで撮影可能。
潜水ケースを使えば水深45mまでシームレスな水中スティッチングでの撮影が可能です。
アプリでAquaVisionを有効にすれば水中のシーンもより鮮やかに自動調節してくれます。
f:id:d_wackys:20201028175107j:plain

撮影機能

従来通りの360度撮影に加え、ステディカムInstaPanoマルチビューの4つの撮影が行えます。

360度撮影

360度撮影は静止画6080x3040ピクセル、動画は5.7K@30fpsのINSV形式。
編集時に好みのアングルを選択したり、AIに任せるだけでアクションが最高潮に達した場面でリフレームしてくれます。

ステディカム

アクションカムの様に使えるステディカムモードでは、前後のレンズの片面のみ使用して超広角の映像を撮影できます。
記録フォーマットは2560x1440@50fps, 30fpsのMP4形式。
安定した手振れ補正FlowStateもさらに進化し、ジンバル要らずのスムーズな撮影ができます。

360度モード ステディカムモード
f:id:d_wackys:20201016150908j:plain f:id:d_wackys:20201016150922j:plain
InstaPano

InstaPanoはワンショットでパノラマ写真を撮影する新しいモード。
全天周ではないスマホのパノラマ撮影の様な画角をシャッターひとつで撮影してくれます。

マルチビュー

2つのアングルを異なる視野で同時に記録できるのがマルチビュー機能。
カメラひとつで二画面撮影ができるってやつですね。Vlogなどに便利に使えそうです。

その他

さらに360度ウェブカメラとライブ配信にも対応。
Zoomなどで広角分割画面ビューが利用できるほか、FacebookやYouTube、RTMPで360度のライブ配信も可能です。

またレンズ保護フィルターや新しいバレットタイムコードなど、アクセサリーも同時に登場しました。 
本当にこれ一台でなんでも撮影できちゃうって感じですよね。

気になる価格は税込み55,000円。(リリース文より)
Insta360.com公式ストアや家電量販店、オンラインショップで購入できます。

実践レビューは実機入手次第お届けいたしますのでお楽しみに〜♪

関連商品


関連記事

360.hatenablog.jp