360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします

より使いやすくなったスマホ用アプリ「IQUISPIN」

リコー発のベンチャー「ベクノス株式会社」の360度カメラである「IQUI」
そのスマートフォン用アプリ「IQUISPIN」(イクイスピン)がバージョンアップされました。
f:id:d_wackys:20210306160809j:plain

IQUISPIN(イクイスピン) 360度写真 加工アプリ

IQUISPIN(イクイスピン) 360度写真 加工アプリ

Vecnos無料posted withアプリーチ

リリース文によると「メジャーアップデート」ということですが、基本機能の変更というよりも編集画面の使いやすさの向上といった内容になっています。
www.vecnos.com
まずはアルバムの編集画面が刷新され、最下段に360度写真ブラウジング機能である「SphereFlow™ 」が搭載されました。
f:id:d_wackys:20210306161436p:plain
ここを左右にスワイプすると、表示されている360度写真の視野を変えられるだけでなく、そのままスワイプし続けることによって前後の360写真データに切り替えることができます。
わざわざファイル選択画面に戻らずに済むということですね。

そして画面右下に縦に並んでいる3つのボタン「シェア」「フィルター」「クリエイト」のボタンから、それぞれの操作に直接アクセスできるようになりました。

シェア フィルター クリエイト
f:id:d_wackys:20210306161309p:plain f:id:d_wackys:20210306161415p:plain f:id:d_wackys:20210306161359p:plain

360度写真のシェア機能はIQUIユーザーには嬉しいバージョンアップですね。(と言うよりも今までが不便だったのかも知れません)

さらにクリエイトからテンプレートを選択した後に、エフェクトモーションを同じ画面上で切り替えて選択できるようになりました。
この操作はとてもわかり易いです。

エフェクト モーション
f:id:d_wackys:20210306161343p:plain f:id:d_wackys:20210306161326p:plain

またIQUIユーザー限定のエフェクトが4種類、限定モーションが3種類追加されました。(IQUIでIQUISPINを利用している、または過去にIQUIへの接続経験がある方の限定エフェクト)


アルバム画面では「360フォト」「360ビデオ」「ファイル」の3つのタブを追加し、ファイル形式ごとに自動的に分類して表示できるようになりました。

360フォト 360ビデオ ファイル
f:id:d_wackys:20210306163946p:plain f:id:d_wackys:20210306163933p:plain f:id:d_wackys:20210306163923p:plain

「IQUISPIN」は他社製カメラで撮影した360度写真でも利用できます。
見せ方のひとつとして活用してみてはいかがでしょうか♪