360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします

THETA Z1ファームアップで更に画質が向上

RICOH THETA Z1 / V 本体のファームウェアがバージョンアップしました。
topics.theta360.com
今回のZ1のファームアップはかなり強力です!

■RICOH THETA Z1 Version 2.00.1 
静止画撮影で、RAW(DNG)+JPEG選択時でもオプションの「ノイズ低減」「HDR合成」「手持ちHDR」を選択できるようになりました。これによりノイズの少ない画像が撮影できるようになります。 「HDR合成」と「手持ちHDR」選択時はダイナミックレンジの広いRAW(DNG)ファイルが記録可能です。
※スマートフォンアプリを最新バージョン(iOS『2.16.0』以上)にする必要があります。Androidは近日対応予定です。

今までRAW(DNG)+JPEGでの撮影時には「ノイズ低減」「HDR合成」「手持ちHDR」が使えませんでした…
なので僕はスナップ撮影時にはSingle DNG、しっかり撮影したい場合はDual Fisheye Pluginを使用していました。
f:id:d_wackys:20210608101153p:plain
そして今回のバージョンアップ。
THETAアプリをバージョンアップすると新機能のヒントが表示されました。
この新機能は本体のファームウェアをアップデートすることで使用できるようになります。

アプリ更新 新機能ヒント ファームアップ
f:id:d_wackys:20210608100311p:plain f:id:d_wackys:20210608100339p:plain f:id:d_wackys:20210608100441p:plain

これでRAW(DNG)+JPEGでも「ノイズ低減」「HDR合成」「手持ちHDR」で撮影できるようになりました。
f:id:d_wackys:20210608101148p:plain
RAWデータはその名の通り生のデータなので、撮影したままでは360度画像として繋がっていません。
Adobe Photoshop Lightroom Classicなどを使って現像処理し、
f:id:d_wackys:20210608111039p:plain
「RICOH THETA Stitcher」などでスティッチします。
f:id:d_wackys:20210608095934j:plain
これからはRAWでのスナップ撮影は「手持ちHDR」が便利そうです♪
引き続きしっかりした撮影にはDual Fisheye Pluginを使用しますが、より手軽に高画質撮影ができるようになったことは大きいですね。

各モードでの作例などはthetalabで詳しく紹介されています。
www.thetalab.ricoh

関連記事

360.hatenablog.jp