360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします

ストリートビュー撮影にぴったり♪ カメラアーム「Highチーズ」で手ぶら高所自撮り

今まで360度カメラで移動撮影をしようと思った場合、カメラを自撮り棒などの先に装着して持って歩いてました。以前ご紹介したストリートビュー撮影も自撮り棒手持ちです。
360.hatenablog.jp
まぁ自撮り棒手持ちというのは、360度カメラに限らずスマホアクションカメラでも同様ですよね。
手ぶらで撮影するとなると、テレビなどでよく見かけるのはヘルメットに装着するタイプですね。でもあれはテレビ用の特殊な撮影手法とも言えると思います。

そこで今回試したのはサンコーレアモノショップから発売された、ハンズフリーで上から撮影するカメラアーム「Highチーズ」です。

幅広のベルトに自撮り棒を装着して、手ぶらで第三者視点の撮影ができると言う商品。

同様の商品は以前からあるにはあったのですが、用途が特殊なだけにあまり一般的には知られていませんでした。これがサンコーレアモノショップから手軽に購入できるようになったってところに意味があります。

手ぶらストリートビュー撮影

僕がこれを何に使いたかったかと言うと、THETA Xを使ったストリートビュー撮影です。
Googleストリートビューではカバーしきれない小径や公園内などを撮影して、個人でもストリートビューとして公開できるんです。
ちなみに僕は「ストリートビュー認定フォトグラファー」と言う肩書きも持っています。

これを使えば両手が空くので、自転車に乗りながら撮影することができます。

これで撮影したのが秩父ミューズパークの、全長約3kmある遊歩道「スカイロード」です。
3kmともなると棒を持って歩くには大変ですし、THETA Xの仕様上20分までしか撮影できないので自転車以外での撮影は現実的ではありません。

実際に撮影したストリートビューがこちら。
真下や影を見ればどんな風に撮影しているのかが良く分かりますよね。

今回はストリートビュー用として撮影しましたが、アクションカメラで第三者視点の俯瞰で追いかけるのにも向いていますし、前に装着して自撮りも出来ます。

また付属している折りたたみポールを使うと、スマホやアクションカメラでの自撮りに便利です。

ちょっと残念な点

ただし折りたたみポールの先端はアクションカムマウントなので、三脚ネジで固定するには別途変換コネクターが必要になってしまいます。
幸い僕は持っていましたが、スマホホルダーも付属品だけでは折りたたみポールには装着できません。

とはいえ、ドローンを飛ばせないような場所で俯瞰自撮りをしたいと思う方には面白い商品ですね。
www.thanko.jp

関連商品


関連記事

360.hatenablog.jp

THETA Xでストリートビューを作る方法

THETA XにはGPSが内蔵されています。
これって何気にスゴイことで、スマホアプリを使わなくてもストリートビュー用の撮影が出来ちゃうってことなのです。

それでも従来であればちょっとずつ移動しながら静止画を撮影する必要があったので、屋内のツアーならまだしも屋外のストリートビューとなると撮影枚数が膨大となってかなり手間がかかります…。

そこで使用するのが、ファームウェアバージョン 1.20.0で追加された「8K@2fps」動画撮影です。

この8K@2fpsで撮影した動画がこちら
カクカクしてて何だこれ?と思うかも知れませんが、実はTHETA Xならではの機能なのです。

1秒間に2フレームしか撮影してませんが、8K(7680 × 3840)の解像度があるんです。

この様に撮影した動画データをStreet View Studioにアップロードします。
https://streetviewstudio.maps.google.com/

もうファイルを選択した時点でストリートビューのブルーラインが認識されてます。

注意書きを読んで問題なければ「OK」を押します。

あとはただ処理を待つだけ…

移動距離(撮影時間)にもよりますが、翌朝には処理が終わってました。

こんな感じで、しっかりと公園内のストリートビューが完成しました♪

Googleが撮影できないような場所をどんどんブルーラインにしていきましょう!
THETA Xユーザーの方はメチャメチャ簡単なので是非試してみてください。

関連商品


360度もアクションもこれ1台♪「Insta360 X3」実践レビュー

先日発売されたInsta360シリーズの新製品「Insta360 X3」をお借りできたので、色々試してみました。

まぁまずは動画をご覧くださいませ。

まずパッと見で大きく変わったのが、2.29インチの大きなタッチパネル液晶が搭載されたこと。
これで各種設定やプレビュー、撮影データの確認がとても使いやすくなりました。

センサーサイズが1/2型と大きくなり画質もアップ、暗所での描画性能も向上しました。(F1.9)
ただしその分本体は厚くなったので、若干近接撮影が弱くなったかな?という気もします。(比較していないので断言はしませんが)

バッテリー容量は1800mAhと大型化。
スペック上の連続記録時間は81分とのこと。

また本体下部のシャッターボタンのとなりにレンズボタンが新設され、使用レンズの切替が簡単になりました。(後述)

従来機種同様にIPX8等級の防水性能があり、カメラ単体で水深10mまで潜れます。
さらにアクセサリーの潜水ケースを装着すれば、水深50mまで撮影可能です。

静止画

静止画解像度は飛躍的に向上して、72MP(11968×5984ピクセル)となりました。
画素数だけで言うとライバル機を抜いてしまいましたね!

HDR撮影にも対応しており、明暗差の激しいシーンでもより自然な描写ができます。

ただしHDRは従来機種の解像度とほぼ同じ18MP(5952×2976)です。
画素数で言うとこの違いはかなり大きいですよね。(下写真:内側がHDR)

Insta360 X3は静止画のDNG(RAW)撮影ができるので、あとから現像処理すればHDRに近い色合いには調整できそうです。
その場でのHDR処理が必要な場合以外は、72MPでRAW撮影した方が良いかも知れませんね。

動画

360度動画は従来機種と同じ5.7K@30fps(5760×2880)ですが、センサーサイズが大きくなったことで描画性能は向上しています。

新たに追加された「アクティブHDR」モードでは、白飛びや黒つぶれを軽減して自然な描写が可能となりました。静止画のようにHDRで解像度が落ちることもないので、特に屋外の撮影ではこのモードを中心に使用することになりそうです。

360度VR動画のサンプルはこちらにまとめました。
(5.7K動画もYouTubeにアップロードすると4Kになっちゃうんでしょうか?)

こちらも新たに追加された「8Kライムラプス動画」
(8K動画もYouTubeにアップロードすると4Kになっちゃうんでしょうか?)

さらに「ミーモード」も追加されました。
両面の魚眼レンズの下半分を使うのですが、シングルレンズのモードとして扱われています。
これで常に自分中心の映像が撮影できます。

2.7Kになってしまいますが、360度水平維持の機能も使えます。

動画解像度こそ従来機種と同じ5.7Kですが、360度アクションカメラとして使うには最強ですし、ミーモードや360度水平維持で普通のアクションカメラとしても使えるなどなど…。
色んな機能を小さいボディにギュッと詰め込んだ楽しいカメラですね♪

360度カメラを動画中心に使いたいなら、これを買っておけば間違いないです。

関連商品


関連記事

360.hatenablog.jp

究極の360度アクションカメラ「Insta360 X3」登場!

Insta360シリーズの新製品「Insta360 X3」が登場しました。
www.insta360.com

ONE X3じゃなくてX3、これが正式名称です。(ONEがなくなりました)

では、気になるスペックを見ていきましょう。

Insta360 X3 Insta360 ONE X2
イメージセンサー 1/2インチ 1/2.3インチ
絞り F1.9 F2.0
写真 72MP (11968x5984) 18MP(6080x3040)
360度動画解像度 5.7K: 5760x2880@30fps
4K: 3840x1920@60fp
5.7K: 5760x2880@30fps
4K: 3840x1920@50fps
3K: 3008x1504@100fps
広角動画解像度 シングルレンズモード:
4K: 3840x2160@30fps
3.6K: 3584x2016@60fps
2.7K: 2720x1530@60fps
1080p: 1920x1088@60fps
ステディカムモード:
1440p: 2560x1440@50fps
1080p: 1920x1080@50fps
最大 動画ビットレート 120Mbps 100 Mbps
アクティブHDR
60fps ミーモード
タイムラプス 8K 5.7K
ループ録画
バレットタイム 4K@120fps, 3K@180fps 3K@100fps
タッチスクリーン 2.29インチ 1インチ
振動フィードバック
バッテリー 1800mAh 1630mAh
連続撮影時間 81 分 - 5.7K@30fps 80 分 - 5.7K@30fps
耐衝撃 + 防水仕様 10m 10m
重量 180g 149g
マイク 4 4

まず見た目が大きく変わって、2.29インチの大きなタッチスクリーンが搭載されました。
これからの360度カメラはスマホアプリ要らずの操作性が大事になってきそうですね。

そしてセンサーサイズが大型化して低照度下でも精細な表現ができ、安定の手ブレ補正機能FlowStateはそのままにHDR撮影が可能になりました。

さらに驚いたのが静止画性能。
Insta360シリーズと言えば動画のイメージが強かったのですが、静止画解像度は11968x5984ピクセル!
これはライバル機「THETA X」と同等どころか、ちょっと超えてきましたね。
しかもDNG(RAW)撮影もできてしまいます。

それで10mの防水性能(IPX8)で、潜水ケースに入れたら水深50mまで対応できちゃうんです。

動画解像度こそ5.7Kですが、360度アクションカメラとして使うには最強ですし、360度水平維持で普通のアクションカメラとしても使えるし、8Kタイムラプスも撮影できますし、バレットタイムでは最高180fpsでも撮影できちゃう。

しかも驚くのがその価格!
通常版:68,000円(税込)
www.insta360.com
今から360度カメラを買おうと思っているなら、これを買っておけば間違いないです。

関連商品


関連記事

360.hatenablog.jp

Insta360シリーズの新機種が9月8日に登場!

Insta360から新しいカメラのティーザー映像が公開されました。

映像を見る限りでは360度カメラの様ですが、スティッチラインが殆ど分からないほど綺麗ですし、恐ろしいくらい高画質でブレのないスムーズな映像ですよね。(影に注目)
そして海のカットもある通り、防水性能も付いていそうですよね。

情報解禁は9月8日22時とのこと。
続報を待ちましょう。

関連商品


関連記事

360.hatenablog.jp