360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします


眼鏡ケースでTHETAをガード!(Insta360 ONEもOK)

THETAに同梱されているケースって、ぺらぺらでレンズに傷がついてしまうのではないかと心配ですよね? もうちょっとしっかりした純正ソフトケースもありますが、これでもまだ不安は拭いきれません…。

ってことでハードシェルタイプのちょうど良いケースはないかと探して見つけたのがこの「眼鏡ケース」です。
f:id:d_wackys:20170920164023j:plain
実際どんな感じなのかは動画をご覧頂ければ一目瞭然です。

眼鏡ケースですからチャックの内側も傷がつかないように考慮された作りになってます。
f:id:d_wackys:20170920163408j:plain
THETA本体のみでは遊びが多いので、付属のソフトケースに入れて使うとぴったりです。
f:id:d_wackys:20170920163703j:plain
二重に仕舞うのが煩わしければ、内側に隙間テープなどでクッションを作ってあげると良いかもしれません。
f:id:d_wackys:20170727163958j:plain
ついでに「Insta360 ONE」も入れてみたら、グラつくことなくぴったり収まりました。
f:id:d_wackys:20170920163836j:plain
バッグの中でTHETAが傷つくのが心配な方、試してみてはいかがでしょうか?(^^)

関連商品

360度カメラ正統進化「THETA V」実践レビュー - 4K動画編

まずはじめにお詫びをしなければいけません…。

Engadget日本版の記事内で「静止画メインならTHETA V、動画メインならInsta360 ONEが良いのでは?」と書いたのですが、THETA Vの空間音声記録スゲーっす!
動画の臨場感が全然違う!!!
これオプションの3Dマイクロフォンの話じゃないんです、THETA V内蔵の4chマイクでの話です。

ってことでMac&Win版のTHETAアプリがバージョンアップして「THETA V」に対応したので、早速変換した4K動画をtheta360.comにアップしてみました。
ダウンロード | RICOH THETA

4K動画と空間音声。滝の音がちゃんと視線に連動してくれている。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

でもtheta360.comに投稿できる動画は5MBまでなので、4Kだと10秒程度になってしまうんですよ…
f:id:d_wackys:20170915125722p:plain
なのでYouTubeにもアップしてみました。画質を「2160p 4Kにしてご覧ください。

いかがでしょう?
あれ?っと思った方もいらっしゃるかもしれません。
実は音声がモノラルなのです。

THETA Vには空間音声記録対応の4chマイクが内蔵されています。
撮影した動画ファイルは専用のスティッチソフトで全天周動画に変換するのですが、現時点では音声はリコー独自形式のままなのです。
これをYouTubeなどで採用されているアンビソニック形式に変換しないと、空間音声としては公開できないのです。

なおスティッチに使用したMacやiPad Proのローカル上では見ている方向と音声がリンクしており、キチンと空間音声が効いています。
近日中にこの音声の変換アプリもリリースされるということなので、今回は速報的に4K動画の画質のみをご確認ください。

またMacとiOSではステッチ精度が違うようで、Macの方がキレイに繋いでくれました。
しかしこれも今後のバージョンアップで改善されていくでしょう。

Mac iOS
f:id:d_wackys:20170915132137p:plain f:id:d_wackys:20170915132154p:plain

正直に言うと、本体内蔵の4chマイクには「まぁ前よりは良いよね」程度にしか期待はしていなかったのです。
でもこれ全然違いますよ!!!
全天周動画だと空間音響じゃなければモノラルで録るしかないですもんね。
それはステレオとモノラルの違いなんてもんじゃないですよね!全く臨場感が違いますよ!!!

ただし一点残念だったのが、6軸ジャイロセンサーの効果が期待していた程ではなかったこと。
先にInsta360 ONEのスタビライズ性能を体験してしまいましたからねぇ…あれはスゴイです…。
きっとTHETAチームもアップデートで強化してくるはずですので、これは期待して待つことにしましょう。

ってことで、THETA Vは動画もスゴかった!と言うお話でした。
追ってアンビソニック変換に対応した時点で空間音声についてもまとめます。
本体だけでこの違いなんだから、3Dマイクロフォンで録ったらどんだけ違うんでしょうね?

360度カメラ正統進化「THETA V」実践レビュー - 静止画編

待ちに待ったRICOH THETA最上位機種「RICOH THETA V」がついに発売となりました!
一足早くお借り出来ましたのでその性能をじっくり見ていきましょう。
執筆時点で動画の空間音声記録の変換に対応していないので、今回はひとまず静止画からご紹介します。
https://www.instagram.com/p/BYqQSp_Hw-K/

もうパッと見の印象で画質が向上したのを体感できます。
画像解像度はTHETA S/SCと同じ5376x2688ピクセルなのですが、画像処理が従来のコンデジベースから一眼ベースとなり明らかに高画質です。
ダイナミックレンジが広くなったので、明暗差のある場所でもきれいな描写です。

THETA Vにて、ロケ後の甘いもん♪ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

手持ちでパッと撮ってもキレイですね〜♪
パッと撮ってもキレイだなぁ。もうTHETA Sの画質には戻れない。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

明らかに画質が向上してますよね!
人工物だとシャープネスの違いがわかりやすいかな? #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



次に暗部に強くなったってことで、その実力を見せてもらいましょう。
ISO64まで下げられるようになったので、マニュアルでスローシャッター撮影してみました。
滝の横の岩肌を見ると質感がよく表現されていてノイズも少ないです。
THETA Vにて黒山三滝(女滝) #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



ここでTHETA Sとの画質の違いを見てみます。
2台同時にセルフタイマーでフルオート撮影しました。
パッと見でも違いが分かると思います。
f:id:d_wackys:20170908161205j:plain
拡大してみるとより自然な発色でシャープネスが向上しているのが分かります。
繰り返しますが、画像解像度は全く同じです。
f:id:d_wackys:20170908161138j:plain


本体サイズはTHETA SCと同じで、THETA Sと比べると少し幅が広くなってます。
それでも厚さは薄いままなので、他社製品と比べると近接撮影は得意です。
でもちょっとスティッチ精度が落ちた様な気がします…アルゴリズムが変わったのでしょうか?
(RICOHへ報告済み。確認中)
やっぱりTHETAはスティッチが優秀だよね #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



マニュアル撮影して明るさを調整してみました。
Wi-Fi接続での画像転送がめちゃめちゃ速くなったので、撮影画像を確認しながら設定を調整して思い通りの画作りができます。

フルオート ちょっと暗すぎた…
f:id:d_wackys:20170909180250j:plain f:id:d_wackys:20170909180313j:plain
HDR 良い感じ♪
f:id:d_wackys:20170909180352j:plain f:id:d_wackys:20170909180429j:plain



思いっきり暗い場所でマニュアル撮影。
なかなか雰囲気が出ております。暗部ノイズもかなり低減されてますね。
佐渡金山 宗太夫坑 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA



さらにスマホアプリ「THETA+」もバージョンアップして、静止画からのアニメーション制作が可能になりました。
THETA+

THETA+

  • Ricoh Co., Ltd.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

THETA+が静止画からのアニメーション作成に対応 #theta360

いかがでしょう?
静止画を見ただけでも買い替えたくなってしまうような画質の向上ですよね。
でもこれはほんの序の口。
動画性能はまるっきり別次元に進化しています!
空間音声の変換が準備でき次第作例とともにまとめますが、ひとまず画質比較を置いておきますね。
f:id:d_wackys:20170912174126j:plain:w480


関連記事

Engadget日本版で動画レビューしてますのでご参照ください。
japanese.engadget.com

360度対応ハイスピード自撮りカメラ「Insta360 ONE」実践レビュー

発表されてから半月が経過し入手されている方も多い「Insta360 ONE」ですが、僕も早速入手してEngadget日本版にて動画レビューを公開しました。
japanese.engadget.com
速報的に目立った機能に関してまとめたのですが、その後使っていて気づいた点などを改めてご紹介します。

静止画

まずは360度カメラとしての基本性能について。
静止画解像度は 7K(6912x3456)と、従来機のInsta360 Nanoの3K解像度(3040x1520)から大幅に向上しました。
解像感や発色も概ね良好なのですが、強い光が片面に当たってしまうと弱いようです。
これは設定の「スティッチ機能を最適化します」をオンにすると目立たなくはなるのですが、そもそも撮影時の露出調整が上手くいってないような感じです。

デフォルト 最適化設定 最適化後
f:id:d_wackys:20170913113031p:plain f:id:d_wackys:20170913113035p:plain f:id:d_wackys:20170913113032p:plain

スティッチ処理に少し時間はかかりますが、これは常にオンにしておきたいくらいです。
下の写真はぐるぐる回してご覧頂けます。拡大して見てもなかなかの解像感です。
縮小するとリトルプラネットになるのも良いですね。

リトルプラネットにしてPlotagraphで編集してみました♪楽しい〜♪

canoe #insta360one #littleplanet #plotagraph

Plotagraph+ Photo Animator

Plotagraph+ Photo Animator

  • PLOTAGRAPH, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • ¥600

動画

動画もNanoの3K(3040x1520)から、4K(3840x1920 30fps)に向上しました。
撮って出し素材をそのままYouTubeにアップしたので、4Kでぐるぐる回して画質をご確認ください。

特筆すべきはスタビライズ性能です!
ジャイロセンサーが内蔵されていて、適当に持って走り回ってもちゃんと水平が出てるんですよ!
これは正直驚きました。この価格からしたら驚愕のスタビライズ性能ですよ。
しかも撮影後に視野の自由編集ができるので、もうアクションカムなどで画角を気にして撮影する必要もなくなります。

この自由編集にある「トラッキング機能」もなかなか優秀なのですよ。
f:id:d_wackys:20170913113041p:plain
このアプリでTHETAなどで撮影した映像も編集できたら最高なんですけどね。
有料アプリでいいからプロ版を出してくれないかなぁ?

バレットタイム

正式発表前から強烈なインパクトを与えているのがバレットタイム撮影です。
映画「マトリックス」で有名になった映像表現ですが、Insta360 ONEとアプリだけで簡単に撮影/編集できちゃうんです。

肝となっているのは120fpsという高速フレームレートと6軸ジャイロセンサーです。
フレームレートを稼ぐために円周魚眼の下半分しか使わないと言う割り切りも興味深いですね。
f:id:d_wackys:20170913132523p:plain:w480
ハイスピード撮影なので、なるべく明るい場所で撮影しましょう。
紐を飛び越えての撮影は勇気が要りますw

ぐるぐる回すための紐が同梱されているのですが、正直これで回すのは難しいし怖いです…。
急に人が近づいてきたりした時にコントロール出来ないので、自撮り棒に装着して回したほうが安心です。
ひねりを加えたくないならバレットタイム棒を用意してみたり、羽根をつけてみるのも良いでしょう。

https://www.instagram.com/p/BYfva7MHE3I/ https://www.instagram.com/p/BYhtKFhnKlD/

そしてこのバレットタイム撮影ですが、別にぐるぐる回さなくてもハイスピード自撮りカメラとして使えるのですよ。

これも面白いでしょ♪(^^)

ライブストリーミング

iPhoneとLightning端子で物理的に接続できるので、電波があれば手軽にライブ配信が出来ます。

フィルター

女性には嬉しい美顔フィルターカラーフィルターも搭載されています。

f:id:d_wackys:20170913113038p:plain f:id:d_wackys:20170913113037p:plain f:id:d_wackys:20170913113036p:plain

おまけ

バレットタイムをアナグリフの立体映像にしてみました。
感の良い人は直ぐに分かると思いますが、作り方はそのうち紹介します。

色んな作例をざざっとご覧いただきましたが、一言でまとめるなら
「360度撮影もできるハイスピード自撮りカメラ」って感じです。
ギーク層だけでなく色んな方に色んな場面で使って欲しいですね。
レイヤーさんとかダンサーさんが使ったら面白い映像が撮れそうです。

とにかく久々に撮ってて楽しいカメラと出会いました♪(^^)

関連商品

一気に人気商品になってしまったため転売ヤーに注意です。(正規価格:42,999円)

関連記事

360.hatenablog.jp

THETA Vの発売日が9月15日に!

9月下旬とアナウンスされていた「THETA V」の発売日が9月15日になりました!
f:id:d_wackys:20170831175024j:plain
Amazonでの現在の価格は50,600円。(初掲載時より安い)

本体と同時発売とアナウンスされていた「3Dマイクロフォン」も9月15日発売。
RICOH TA-1 3Dマイクロフォン 910754

RICOH TA-1 3Dマイクロフォン 910754

「水中ハウジング」は10月31日発売予定のまま…

また、Amazonでは本体とオプションパーツとのセットも追加されました。

詳しいスペックはこちらをご覧ください
360.hatenablog.jp