360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします


YouTubeでVR動画をヒートマップ解析

YouTubeのアナリティクスに「NEW」の文字が!

f:id:d_wackys:20170627232403p:plain

360°動画のヒートマップが見れるようになってました!
ヒートマップとは、VR動画の再生中に視聴者がどの方向を見ていたのかを可視化するものです。

現在のところ視聴回数が1,000 回以上のVR動画が対象とのことですが、当方の動画では視聴回数3,000回以上の動画のみヒートマップを参照できました。
f:id:d_wackys:20170627232415p:plain
では実際にヒートマップを見てみましょう。

視線を移動できるVR動画の中で、一番見られている方向が赤く、あまり見られていない方向はだんだんと青くなっていきます。
白線の外側は殆ど見られていないということなのでしょうか?
f:id:d_wackys:20170627232427p:plain
そしてこのヒートマップは閲覧環境毎に分けて表示することもできます。

f:id:d_wackys:20170627232438p:plain

同じ動画でもDesktopとMobileで見られている方向が違うのが興味深いです。
(Headsetという選択肢もあるらしい)
Desktop環境ではマウスでぐるぐると回して見ている様な動きですが、Mobileでは殆ど正面を中心に少ししか視点が移動していませんでした。

ガイドやナビゲーター、音による誘導など、制作者が意図する方向に視線を誘導するためには色々工夫が必要そうです。

ヒートマップはVR動画制作の貴重なノウハウとなるでしょう。

集団体験型VR「VirtuaLink」(先行体験レポート)

東京ソラマチにオープンしたコニカミノルタの集団体験型VR施設「VirtuaLink」の先行体験会に、まえちゃんねる前原さんと参加してきました。
planetarium.konicaminolta.jp

同じく東京ソラマチにあるコニカミノルタのプラネタリウム「天空」の5周年を記念して作られた施設で、6/26〜11/末(予定)までの期間限定開催となります。
オープニングコンテンツは「ワンダーポッド」で、以降コンテンツの入れ替えもありうるとのこと。

f:id:d_wackys:20170627142258j:plain f:id:d_wackys:20170627142339j:plain

体験は全26席(含車椅子2席)のUPQ「Q-home ISU2」に座ってPSVRで行います。
でもこの椅子って回転できないから全天周コンテンツ向きじゃないんだよなぁ…

f:id:d_wackys:20170622105209j:plain f:id:d_wackys:20170622120009j:plain

今回体験したコンテンツ「ワンダーポッド」は、バーチャルの宇宙空間で参加者が協力しながら体験できるものとなっています。
f:id:d_wackys:20170627144254j:plain
詳しい内容はネタバレになってしまうので控えますが、動画をご覧頂くと何となく想像できると思います。

料金は1,500円で、対象年齢は12歳以上。
残念ながら12歳未満の方は体験できません…。

7月には席数を増やした常設施設として、ダイバーシティ東京プラザ(お台場)にもオープン予定とのこと。


関連リンク

まえちゃんねる
https://www.youtube.com/user/nm0525skywalker

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

Android版「GIROPTIC iO」発売記念で20%オフ!

既にLightning端子のiOS版が発売されていた360度カメラ「GIROPTIC iO」ですが、この度Android版も正式に発売となりました。
こちらは先日開催された「Facebook's F8 developer conference」で発表され、参加者に配布されたことで多くのメディアで取り上げられましたね。

そもそも記録や操作の部分をすべてスマホに任せてしまうのでシンプルで安価なのですが
なんとAndroid版の発売を記念して20%オフのセールが開催中!
これはAndroidユーザーに朗報ですね!
f:id:d_wackys:20170607140118p:plain

購入方法

まずはサイトへアクセスし、対象商品をカートに追加します。
https://www.giroptic.com/us/ja/
Android端末の端子形状に合わせてMicro USBUSB-TypeCから選んで下さい。(iOS版はセール対象外です)
f:id:d_wackys:20170607144418p:plain
すると次のカート画面に進みます。
このままでは通常価格のままなので、画面左にある「クーポン」をクリックします。
f:id:d_wackys:20170607143801p:plain
入力画面になりますので、以下のコードを入力し有効にします。

ANDROID20

f:id:d_wackys:20170607144840p:plain

これでめでたく20%オフとなりました!

f:id:d_wackys:20170607145028p:plain
チェックアウトして決算画面へ進んでください。

レビュー動画

iOのレビュー動画はEngadget日本版にて公開しました。
記録や操作の部分をすべてスマホに任せてしまうシンプルな作りとなっています。
特筆すべきはスマホ直結と言うことでライブ配信が容易なこと。

現在ではYouTube Liveの他に、Periscopeや…

Facebook Liveにも対応しています

Androidユーザーの皆さん、これを機に360度デビューしてみてはいかがでしょうか(^^)
www.giroptic.com

Kickstarterで支援した360度カメラ「dokicam」レビュー

Kickstarterで支援した360度カメラ「dokicam」が届いたので早速レビュー。
DOKICAM: View New Worlds by DOKI Inc. — Kickstarter
(ちなみに僕はSuper Early Birdで支援したので$99でした)
f:id:d_wackys:20170518162749j:plain:w640
大きさ的には初代Gear360に近い感じです。
付属しているミニ三脚も同じですね。
カメラ単体での使い勝手がイマイチなのも初代Gear360とよく似てますw
(新型Gear360はだいぶ使い勝手が良くなっているようです)

まずは動画レビューをご覧ください。

画角200°、F2.3の2つの魚眼レンズで撮影します。
静止画解像度は4896x2448ピクセル、動画解像度は2880x1440ピクセル(4K)30fps。

アクションカムの位置づけなので、本体のみでIP54相当の防塵防滴性能があります。

スマホアプリはiOS/Android両対応。
ライブビューは以下の5モードで表示可能。
Fisheye、360° Panorama、Tiny Planet、Hemisphere、VR。

f:id:d_wackys:20170518170709p:plain f:id:d_wackys:20170518170730p:plain f:id:d_wackys:20170518170912p:plain f:id:d_wackys:20170518170928p:plain f:id:d_wackys:20170518170941p:plain

各種マニュアル撮影も可能ですが、シャッタースピードはオートのみなので星の撮影などは厳しいでしょう。

静止画

写りの印象としてはコントラストが低く薄っぺらい感じなのですが、良い方にとらえると色調補正し易いダイナミックレンジです。
スティッチはスマホアプリでするのですが、その割には精度はもうちょっと欲しかったところです。
でも思ったよりも高精細な感じで、全体的に悪くないです。
f:id:d_wackys:20170518181536j:plain:w640
PanoramaVR(EntapanoVR)

動画

動画も静止画同様にスマホアプリでスティッチします。
f:id:d_wackys:20170523235416p:plain
パノラマメタデータは付加されていましたので、そのままYouTubeにアップすれば360度動画として認識されます。(1440sHDで御覧ください)

リトルプラネットでのライブビューは面白い用途に使えそうです。

まとめ

$230でこの性能ならまずまずと言ったところでしょうか。
解像感は思ったよりも悪くなかったので、ちょっと色調補正してコントラストと彩度を上げてやれば良い感じに仕上がるでしょう。
別途$79で30m防水ケースも用意されているのでダイビングなどでも使用できます。(IP68)

動画は歩きながらよりも三脚などに固定して据置で撮影するのが良さそうです。
dokicam.com

「360°で残したい日本の風景」作品募集

第5回Instagramコンテストに続き、さらに作品募集のお知らせです。
Instagramは切り出し写真での応募でしたが、こちらは360°のパノラマVRでの応募となります。

テーマは「360°で残したい日本の風景」
あなたの残したい日本の風景を、静止画/動画で撮影して簡単に応募できます。

脚折雨乞、龍蛇近景。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

入賞15作品(予定)にはTHETAオリジナルグッズが贈呈され、さらにリコーイメージングスクエア新宿で開催される「THETA 展(仮称)」でギャラリー展示されるとのこと。
THETAユーザーの皆さん、是非参加してみてください♪

応募要項

募集期間
 2017年4月28日(金)~2017年6月16日(金)
応募方法
 RICOH THETAシリーズで撮影した、あなたの残したい「360°の日本の風景」の静止画または動画作品をtheta360.comサイトにアップロードし、所定の応募フォームからご応募ください。
賞および賞品
 優秀賞 15作品(予定)
 賞品  RICOH THETA オリジナルグッズ
結果発表
 入賞作品は、リコーイメージングスクエア新宿で7月19日(水)~7月31日(月)に開催される「THETA 展(仮称)」でギャラリー展示されるほか、ホームページにも後日公開いたします。

詳細は特設サイトをご覧ください
f:id:d_wackys:20170428142731p:plain
theta360.com

関連記事

360.hatenablog.jp