360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします


スマホ版Facebookメッセンジャーが360度写真に対応

やっとかよ!
って感じですけど、スマホ用の「Facebookメッセンジャー」アプリで360度写真の送受信が出来るようになりました。
newsroom.fb.com

Messenger
Messenger
開発元:Facebook, Inc.
無料
posted withアプリーチ

普通に写真を送るように操作します。
サムネイルの右上に地球のようなマークが有るものが360度写真です。
コレを選択して送信します。

右上に360度マーク コレを送信!
f:id:d_wackys:20180406003437p:plain f:id:d_wackys:20180406003431p:plain

受け取った(送った)写真をタップするとぐるぐる回して閲覧することができます。
指でスライドして見ることもできますが、スマホを持ってぐるぐる回って見ても面白いですよ。
さらに左下の「その他」をタップすると、写真の「転送」「シェア」「保存」も可能。

ジャイロセンサーにも対応 その他の操作
f:id:d_wackys:20180406003459p:plain f:id:d_wackys:20180406003452p:plain

ランドスケープモードにも対応しています。
こっちの方がパノラマ感があるかな。
f:id:d_wackys:20180406003443p:plain
これで360度カメラの楽しさがもっと広まってくれたら良いなぁ〜♪

Insta360 ONE 驚愕の手ブレ補正「FlowState Stabilization」

現時点でRICOH THETAと並ぶ人気のInsta360 ONEが、ファームウェアアップデート(Ver. 2.0)で凄い進化をしました。
その目玉となるのがスタビライズ性能の大幅な向上
FlowState Stabilization!

まずはスマホアプリと本体ファームウェアをアップデートします。

f:id:d_wackys:20180324224641p:plain f:id:d_wackys:20180324224634p:plain f:id:d_wackys:20180324224619p:plain

ダウンロードとインストールを押したらそのまま放置し、カメラが再起動したらアップデート完了です。

f:id:d_wackys:20180324224610p:plain f:id:d_wackys:20180324224605p:plain f:id:d_wackys:20180324224554p:plain

では実際に撮影した映像をご覧ください。(撮って出し)

いかがでしょうか?
めちゃめちゃ凄いですよね!
これならカメラ一台で街歩きレポートの全体像とPinPを同時に撮影できちゃいますよね。
それどころか数人で歩いても全員分のワイプ素材も作れちゃいますよ。

移動しながらの360度撮影では今の所ナンバー1ですね。
本当スゲーなぁ〜。

音声がちゃんと録れるなら、インタビューとか旅動画とかこれ一台でいいんじゃない?

関連商品

THETA V がUSBメモリに対応!(FW Version 2.10.1)追記あり

『RICOH THETA V』本体のファームウェアが2.10.1にバージョンアップしました。

今回の目玉は、新しいプラグインとして撮影した静止画・動画ファイルをUSBメモリに移動できるようになったことです。
f:id:d_wackys:20180228174814p:plain
歴代THETAシリーズは全て内蔵メモリしか搭載しておらず、メモリが一杯になったらパソコンやスマホでちまちまと操作してコピーと削除を繰り返すしかありませんでした。
本プラグインを使用するとTHETA V本体から直接USBメモリにファイルを移動できるので、手軽にカメラ内メモリの空き容量を確保することが可能となります。

ただしいくつか条件があります

  • USBメモリと接続するOTG ケーブルが必要
  • 移動対象ファイルはは4GB未満
  • 移動したファイルをカメラにもどすことは出来ない
  • ファイルのコピーは今後のバージョンアップで対応していく予定

気をつけたいのが通常のUSBメモリと接続するためにはOTG ケーブルが必要なこと。
USB OTG(On-The-Go)とは、凄くザックリと簡単に説明するとAndroid機器に色んなデバイスを接続する規格です。(詳しい方には違うだろ!って怒られそうな説明ですがw)

既に使用するUSBメモリがあるならそれと繋ぐOTGケーブルを用意すればよいのですが、これからUSBメモリも用意しようと思うならこちらがオススメ。

OTG対応の小型USBメモリで、THETA Vにもパソコンにも直接接続することができます。
THETA Vの内蔵メモリが約19GBなので、とりあえず32GBあればまるまるデータ移動ができますね。

【追記】2018.03.02

FAT32でのフォーマットが必要とのことで、32GBまでしか対応できないらしいです。

さらに今回のファームアップでは、ライブビューの画質も改善されました。
こうやってどんどん機能強化されていくのがTHETAの魅力でもありますよね。

関連記事

360.hatenablog.jp

360度カメラをオシャレに持ち歩ける「本革ケース」

360度カメラを持ち歩く人もだいぶ増えてきましたよね。

とは言え、かしこまった記念撮影ばかりでスナップ的に使ってる人は少ないのかな?
本当は街歩きで気軽に撮ったりするのも楽しいんですよ♪

そんな時に便利なのが、オシャレに持ち歩いて撮りたい時にサッと使える、よしみカメラさんのネックストラップ付き本革ケース「SAYAポケット」「ONEポケット」です。

f:id:d_wackys:20180227170423j:plain f:id:d_wackys:20180227170509j:plain

THETA用(3色)とInsta360 ONE用の2種類が用意されています。

RICOH THETA 用 Insta360 ONE 用
f:id:d_wackys:20180227170732j:plain f:id:d_wackys:20180227170821j:plain

両面の魚眼レンズ部分の凸形状に合せた立体形成されており、さらに内側はマイクロファイバーを使用しているので、レンズが傷つきにくい構造になってます。

f:id:d_wackys:20180227171024j:plain f:id:d_wackys:20180227171305j:plain f:id:d_wackys:20180227171136j:plain

これなら撮りたい時にサッと取り出せてシャッターチャンスを逃しませんよね。

f:id:d_wackys:20180227172331j:plain f:id:d_wackys:20180227172353j:plain

イベント時に持ってたらオシャレかも♪(^^)

THETA用

初代からの歴代全タイプのTHETAに対応してます。

RICOH THETA 専用ケース SAYAポケット ブラック

RICOH THETA 専用ケース SAYAポケット ブラック

Insta360 ONE用

Insta360の公式ロゴ入りです。

Insta360専用ケース ONEポケット

Insta360専用ケース ONEポケット

関連商品


関連記事

360.hatenablog.jp

THETAファームアップ時に進捗状況を表示する裏技(?)

RICOH THETAシリーズ本体のファームウェアアップデートをパソコンから行う時、進捗が分からずに本当に処理が進んでるのかどうか心配になっている人も多いと思います。
僕もその一人でした。
f:id:d_wackys:20180208151701p:plain
このことをリコーの開発の方へボヤいたところ…
「実は裏技があるんですよ」と。

聞いてみると、なんてことはない…
皆さんが心配に眺めていた画面右上でぐるぐる回っているものにマウスカーソルを持っていくだけ!
f:id:d_wackys:20180208151708p:plain:w480
なんだよ!!!
っていうか、裏技にする意味ないじゃん!
f:id:d_wackys:20180208151715p:plain:w360
画像はMacのものですが、Winでも同様です。

ってことで、常時表示にしてもらうように要望を出しておきました。
これが表示されているかどうかで安心感が全然違いますもんね。