読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします


法人向け「THETA 360.biz」 に定額プラン

THETA 仕事 ニュース

THETAで撮影した写真はtheta360.comにアップロードすれば簡単にパノラマVRとして公開できます。

しかしこのパノラマVRを業務として使いたいと思った場合には、法人向けWebサービス「THETA 360.biz」 が利用できます。
https://theta360.biz/ja/

f:id:d_wackys:20170210214643p:plain

今までは条件によって異なる従量プランだったのですが、新たに定額プランが加わりました。

「定額プラン」は、従来の従量プランと同様にアップロードできる画像数の上限はありませんが、公開可能なパノラマVR数によって料金が異なります。
閲覧数上限も設定されていますが、割と余裕のある設定となっています。

また単にパノラマVRを公開するだけでなく、Googleストリートビューのような「ツアー」を作成できるツールも利用できます。

日々の業務でパノラマの導入をお考えの方、まずはフリープランを試してみてはいかがでしょうか?

参考記事

360.hatenablog.jp

RICOH THETAの専門ストア「THETAストア」オープン

そろそろTHETAを買おうかなぁ?
とか…
THETA用のアクセサリーが欲しいなぁ?
とか…

そんな時に便利なRICOH THETAの専門ストア「THETAストア」がオープンしました。

オンラインストアだけのオリジナルセットがあったり、純正アクセサリーだけでなくサードパーティー製のアクセサリーも一緒に購入することができます。

購入だけでなく「THETA活用術」などの情報もありますので、一度覗いてみてはいかがでしょうか(^^)

THETA ストア

store.ricoh-imaging.co.jp

CP+2017にてTHETAセミナーを開催

THETA YouTube イベント ニュース パノラマ 仕事 撮影テクニック

2/23-26にパシフィコ横浜で開催される「CP+2017」のRICOHブースにて、THETAのセミナーを担当することになりました。
f:id:d_wackys:20170126140118j:plain

「時空間のアーカイブ!RICOH THETAで撮る日常」
と題しまして、普段THETAをどのように使用しているのかを作例を交えてご紹介します。

担当するのは初日と最終日の2回です。

  • 2月23日(木)14:30~15:15
  • 2月26日(日)10:45~11:30

皆様のご来場をお待ちしております♪

羽生水郷公園でカヌー体験 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

カメラと写真映像の情報発信イベント<シーピープラス>|RICOH IMAGING
theta360.com

関連サイト

CP+はウェブ事前登録で入場無料です。

f:id:d_wackys:20170126112012j:plain www.cpplus.jp

THETA SがAmazonランキング大賞2016で1位獲得!

THETA パノラマ

Amazonランキング大賞2016 「コンパクトカメラ部門」で「RICOH THETA S」が1位を獲得!
(集計期間: 2015年11月16日~2016年11月13日)
f:id:d_wackys:20170111223244p:plain
360度カメラとしては唯一のランクインですので、圧倒的に支持されたということですね。
しかしまだまだ知らない人も多いと思っていたので、正直言って1位には驚きました。

2016年は多くの360度カメラが登場しましたが、やはりTHETAには一日の長がありますね。
・コンパクトで持ち歩きやすい
・起動が速く気軽に撮影できる
・スマホアプリの使用で多彩な撮影設定が可能
と言ったところをオススメしたいです。

リコー公式初のTHETA写真展「360°の世界」 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

動画解像度に若干の不満はありますが、総合的に見て一番使い易いです。
次はもう少し高く大きくなってもいいので、高解像度版が欲しいなぁ♪

参考ページ

amzn.to

24時間全天球ライブカム「RICOH R Development Kit」発表

THETA イベント ニュース 全方位カメラ

コンシューマー向けじゃないので記事にしようかちょっと迷ったのですが…
ラスベガスで開催中のCESで興味深いものが発表されました。
その姿はまるでTHETAが武装したイメージです。
f:id:d_wackys:20170105232208j:plain:w480
コレは何かというと、
24時間連続で全天球ライブストリーミングできる「RICOH R Development Kit」です。

ざっと特徴を見てみましょう。

24時間の連続動作が可能な全天球ライブカム(ACアダプター使用)

  • フルHD解像度で30fpsの全天球映像を出力
  • 2つの魚眼レンズ映像をカメラ内でリアルタイムスティッチング
  • 全天球映像をHDMIまたはUSBに出力
  • マイクロSDカードに全天球映像の記録可能
  • モノラルマイク内蔵
  • USB経由で映像設定のコントロールが可能
  • PC/Mac用の映像コントロールツールを用意
  • 映像コントロールツールのソースコードは公開される予定
  • コンパクトなボディーサイズ

ふむふむ…スペック的にはTHETA Sと大きな違いはないような感じですかね?
あ、内蔵メモリじゃなくてMicroSDに記録するのですね!
これならTHETAとしても使えそうです!(なんか表現が変ですけどw)
f:id:d_wackys:20170105233701p:plain:w480
一番の違いは見た目ですけど、これはボディ自体がヒートシンクになってるってことでしょうか?
長時間の連続動作で一番気になるのは熱問題ですもんね。
それと据置使用が前提となりそうなので、端子類はボディ横から出ていますね。

THETAでの動画やインターバル撮影も、長時間となると結構本体に熱を持つんですよね。
タフなTHETAとしての使用もちょっと気になりますね。

2017年春に出荷を開始予定とのこと。
http://ricohr.ricoh/ja/