360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします


THETA Z1 Dual Fisheye PluginとRICOH THETA Stitcherで簡単高画質

Adobe Lightroom Classic用のプラグイン「RICOH THETA Stitcher」がバージョンアップして2.10.0になりました。
support.theta360.com
今回のバージョンアップは「バグ修正」としか書かれていないのですが、実はめちゃめちゃ便利になったんです。

それが「Dual Fisheye Plugin」HDR-DNGデータに対応したこと。
pluginstore.theta360.com
まずは動画をご覧いただくのが分かりやすいと思います。

Dual Fisheye Pluginの操作は上記動画をご覧いただくとして、その違いについて見ていきます。

THETA Z1でフルオートで撮影しても、1.0型センサーの威力でそれなりにキレイに写ってくれます。
でも明暗差の激しい場所では白飛び/黒つぶれしてしまいますよね…

それを簡単に軽減できるのが「HDR合成」機能なのですが、全体的にコントラストが弱くなってしまうのと、オート撮影なのでJPEGでした保存できないのが難点です…。

フルオート HDR合成
f:id:d_wackys:20200605122848j:plain f:id:d_wackys:20200605123038j:plain

Dual Fisheye PluginのHDR-DNG撮影では、-4EV〜+4EVまでの9枚をブラケット撮影し、1枚のHDR-DNGデータとして保存してくれます。

これでAdobe Lightroom Classicで自由に現像処理することができるのです。
f:id:d_wackys:20200611172922j:plain
そして今回のプラグインバージョンアップで、そのまま書き出し時に「RICOH THETA Stitcher」でスティッチできるようになったと言うことです。
f:id:d_wackys:20200611172954j:plain
撮影時にはちょっと気を使いますが、ワークフローが簡単になったのでどんどん活用していきたいです。

THETA Z1 Dual Fisheye Plugin #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

THETA Z1をお持ちの方は是非お試しください♪