360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします

短い滞在時間で観光を楽しむ記録術

冬の秩父の観光名所「三十槌の氷柱」へ行ってきました。

かなり広角のレンズじゃないと全貌を一枚に収めきれないのですが、360度カメラなら雄大な景色をそのまままるっと記録できますよね♪

秩父「三十槌の氷柱」 THETA Z1 Single DNG #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

ちなみにスマホの自撮りだとこんな画角。(iPhone11+LEDライトで撮影)
f:id:d_wackys:20210120150057j:plain
360度撮影に使用したのは「THETA Z1」
静止画撮影で一番信頼している360度カメラです。でもここは一日中日陰になる薄暗い場所。
何も考えずにそのまま撮影すると、空は白飛びしているのに全体的に薄暗い印象です…。
f:id:d_wackys:20210120151006j:plain
じっくり撮影できる時はHDR撮影だったり、もっと本気のDual Fisheye Plugin「HDR-DNG」モードを使用するのですが、人との接触を極力避けるために撮影時間を手短に済ませたい。(単に寒かったってのもありますがw)
pluginstore.theta360.com
そんな時にはRAWで記録してみましょう♪
RAWなら撮影時間は手短に、あとから自宅でじっくりと調整ができます。
f:id:d_wackys:20210121174408j:plain

360.hatenablog.jp
現像では実際に自分の目で見た時の印象よりちょっとだけ誇張して表現しています。
f:id:d_wackys:20210120151007j:plain
これが後からVRで見た時にちょうどいい感動の引き出しになるんですよ♪

後処理にちょっと手間はかかりますが、後から何度でも楽しめるのでオススメです♪
秩父「三十槌の氷柱」 THETA Z1 Single DNG #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

関連記事

oculusgo.hatenablog.jp