360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします

Insta360 ONE R 大型アップデートで機能追加(2021/5/18)

突然ですが、レンズ交換可能なアクションカメラ「Insta360 ONE R」の大型アップデートが発表されました。
f:id:d_wackys:20210519011105j:plain:w640
追加機能は公式動画にまとめられています。

ファームウェアアップデート v1.2.64

f:id:d_wackys:20210519012943p:plain f:id:d_wackys:20210519012935p:plain f:id:d_wackys:20210519012929p:plain f:id:d_wackys:20210519012924p:plain f:id:d_wackys:20210519012919p:plain

4K / 1 インチ広角モジュール向け水平維持

強力な手ブレ補正機能(FlowState)に定評のあるInsta360シリーズですが、さらに水平維持機能が追加されました。
え?今までもできなかったっけ?と思うかも知れませんが、それは360度モジュールでの話。

今回のアップデートでは4K / 1インチモジュールでも水平維持ができるようになったのです。
しかも360度水平維持では全回転の映像を水平に保ちます。 (狭角で書き出し)
これはスゴイ!

水平維持機能はプロ動画モード30fpsで使用できます。
f:id:d_wackys:20210519002553j:plain

ループ録画

一言で分かりやすく伝えるなら「ドライブレコーダー」の様な機能ですね。
古い映像を削除しながら新しい映像を撮影することで、連続した映像撮影ができるとのこと。
ただし最長動画尺は30分。

回しっぱなしにしておいて欲しい絵が撮れた時点で録画を停止します。するとその直前の数分間の映像だけが保存されるという仕組みです。
サプライズの記録や監視カメラのような使い方もできそうです。

画質の向上

4K / 1インチモジュールの「プロ動画モード」に、4K@50fpsのフレームレートオプションが追加されました。

1インチモジュールのビビッドカラープロファイルがさらに改良され、より鮮明な色彩が得られます。
また全モジュールにおいて4つのシャープネスオプションを選択できるようになりました。

二つの新規テンプレート

Insta360アプリの「編集ラボ」に二つの新規テンプレートが追加されました。

ホライズンフリップ

自動的に周りの様子を空に映し出し、近未来的な視覚効果をもたらします。

オーバーテイカー

バイク乗りの方にお勧めで、ビデオゲームのようにすれ違った多数の車を映像に重ね、躍動感のある映像に仕上げることができます。

新たな編集機能

AquaVision 2.0

水中撮影用の色彩補正アルゴリズムがさらに進化し、より鮮明でリアルな色彩となりました。

車載マルチビュー

前方の道と車内の様子を分割画面で表示する編集機能。360度モジュールの前後のレンズで広角撮影します。Vlogやロードトリップの撮影に便利そう♪

編集ラボの新規テンプレート、AquaVision 2.0、車載マルチビューはInsta360 ONE X2でも使用可能です。

車載リモコンアクセサリー

アップデートと同じタイミングで新しいアクセサリーも登場しました。
車のステアリングに取り付けてカメラを操作できる、ワイヤレスBluetoothリモコンです。

f:id:d_wackys:20210518165427p:plain f:id:d_wackys:20210518165416j:plain

車載動画の撮影時にメチャクチャ重宝しそうですね。

ONE R のユーザー体験向上

  • タイムシフト動画が保存前に自動的に 6 倍速に設定され、メモリーカードの空き容量を確保できるようになりました。
  • 外部マイク録音の音声が改善されました。


発売から1年4ヶ月が経過したInsta360 ONE Rですが、まだまだ進化していますね!
それよりもステレオモジュールまだかなぁ…。

関連商品


関連サイト

blog.insta360.com