360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします

QooCam EGOの撮影データを3D動画としてYouTubeに投稿する方法

QooCam EGOで撮影したデータを編集してしまうと、そのままYouTubeにアップロードしても単なるSBSの映像になってしまいます。
これは3Dメタデータという情報が、編集して書き出すことによってなくなってしまうからです。

編集したSBS動画を3D動画としてYouTubeに投稿するには、KANDAOから提供されているQooCam EGO アナグリフ動画変換ソフトウェアを使用するのが簡単です。

https://www.kandaovr.com/ja/download/

今回はMacの画面で説明しますが、基本的な使い方はMac/Win共に同じです。

まずは変換したいファイル(.mp4)を「YouTubeMetadata」のフォルダにコピーします。

あとはrun.command(Win: run.bat)を起動すれば自動的に処理が開始されます。
Macの初回起動時には下記のようにシステム環境設定のセキュリティの確認が必要になります。

あとは処理が完了するまで待つだけ。

無事に完了したらoutputフォルダ内に3D動画(.mkv)が保存されています。

こうやって変換した動画データをYouTubeにアップロードすると、パソコンやスマホアプリではアナグリフ動画として再生されます。

これをいわゆる赤青メガネで視聴すれば立体映像として楽しめます。

スマホのYouTubeアプリなら、右下のアイコンからスマホVRの立体映像で視聴できます。

もちろんMeta Quest 2などのVRヘッドセット3D対応プロジェクターなら、もっと臨場感のある3D映像として楽しめますよ♪
www.oculus.com

関連商品


関連記事

360.hatenablog.jp