360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします


民生用8K VRカメラKANDAO「QooCam 8K」登場!

先日のKANDAOの「Beyond The Max」とは何だったのか!?
360.hatenablog.jp

発表されたのはコンシューマー向けVRカメラ「QooCam 8K」でしたね。
f:id:d_wackys:20191107143101j:plain:w480

11月7日に北京で開催されたKANDAOの新製品発表会。
実は現地へ飛びひと足お先に実機に触ってきました!

f:id:d_wackys:20191107161606j:plain f:id:d_wackys:20191107164002j:plain

f:id:d_wackys:20191118233655j:plain:w640
前機種「QooCam」は360度と立体180度の撮影が可能なハイブリッドタイプでしたが、「QooCam 8K」はその名の通り8K解像度で360度撮影が可能なVRカメラです。
立体撮影はできなくなりましたが、QooCamと言う名前は民生用カメラのシリーズとして使用するとのことです。(ちなみに業務用はObsidianシリーズ)

そして発表会とは別に直接詳細を伺う機会も設けて頂けました。
f:id:d_wackys:20191118233750j:plain:w640

大きくなった1/1.7型センサーで8Kの高解像度を実現し、2.4インチのタッチスクリーンを搭載されました。

f:id:d_wackys:20191107143340j:plain f:id:d_wackys:20191107143938j:plain

静止画も動画も8K(7680x3840ピクセル)で撮影できるとあって、民生機としては他社製品よりも頭一つ抜き出ましたね。
これだけの解像度であればVRゴーグルで見ても没入感がかなり違います。

オプション類も色々登場するそうです。
そしてGPSや8Kライブストリーミングにも対応したPro版も開発しているとのこと。

f:id:d_wackys:20191107145529j:plain f:id:d_wackys:20191107145814j:plain

しかも個人的な予想を大きく下回る価格設定で驚きました。
これだけのスペックでありながらも67,100円。
日本国内のVR関係者はザワついております。

f:id:d_wackys:20191107145822j:plain f:id:d_wackys:20191107145949j:plain


そして発表の翌週開催となった「InterBEE」(幕張メッセ:11/13-15)で日本初お披露目。
これを目当てに来場されたという方もいらっしゃり、注目度はバツグンです。

発売予定は2019年12月ですが、既に発表後から予約受付ははじまってます。
12月11日までの予約分には自撮り棒が付いてくるほか、既存のQooCamユーザーには割引クーポンが発行されるとのことです。
www.kandaovr.com
360度カメラのフラッグシップモデルが一気に身近になりましたね!