360 Worlds

RICOH THETAを中心とした360°全天周パノラマに関する話題をお届けします


自動で底面処理♪ THETA新プラグイン「Underside Cover」

THETA V/Z1対応の新しいプラグイン「Underside Cover」がリリースされました。
f:id:d_wackys:20200825232203p:plain
pluginstore.theta360.com
360度画像撮影時に手や三脚が写り込んでしまうと、消したりロゴを貼り付けたりと言った後処理が面倒ですよね…
撮影枚数が多かったりするともう大変…

そんな時に便利に使えるのが本プラグインです。
いわゆる「底面キャップ画像」を後処理ではなくカメラ単体で追加してくれるというものです。

プラグインを起動したら、スマホ用基本アプリの「プラグイン起動中」の右に表示されているアイコンをタップします。
するとブラウザが起動するので、まずは右上の歯車アイコンから底面画像の設定をします。

プラグインを起動 右のアイコンをタップ 底面画像を設定
f:id:d_wackys:20200825234142p:plain f:id:d_wackys:20200825234148p:plain f:id:d_wackys:20200825234152p:plain

挿入する画像は以下から選択できます。

  • THETA Logo(初期設定)
  • Image(スマートフォンに保存された画像)
  • Text
THETAロゴ 画像 テキスト
f:id:d_wackys:20200825234158p:plain f:id:d_wackys:20200825234209p:plain f:id:d_wackys:20200825234214p:plain

設定が済んだらあとは撮影するだけ。
自動的に処理されて底面画像付きで保存されます。
底面処理されていないオリジナル画像も保存されるので、後からじっくり編集作業する事も可能です。

撮影後自動処理 底面画像付 オリジナル画像
f:id:d_wackys:20200825234224p:plain f:id:d_wackys:20200826104859p:plain f:id:d_wackys:20200826104914p:plain

360VRだとこんな感じ〜♪

新プラグイン「Underside Cover」のテスト #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

最初にロゴの設定を済ませてしまえば、あとはTHETA本体のみでプラグインを起動して撮影するだけで画像が挿入されます。
f:id:d_wackys:20200826105126j:plain
ただしプラグインを起動してしまうと撮影条件を変更できないので、プラグイン起動前にスマホ基本アプリで設定する必要があります。
こちらは三脚に固定してHDR合成で撮影した作例。

基本アプリで撮影条件設定 HDRに底面処理されている
f:id:d_wackys:20200826104846p:plain f:id:d_wackys:20200826104931p:plain

大量の三脚消しや、自分は写り込みたくないって方にも有り難いプラグインですね♪